春夏秋冬、一番好きな夏だけは仕事もビジネスもしない環境作り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

極めて運用の効果効率の高い外国為替証拠金取引(FX)資産運用

下記ニュースをご覧下さい。

NY外為市場=ドル上昇、売られ過ぎとの見方広がる

[ニューヨーク 24日 **** ] ニューヨーク外国為替市場は、ドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ停止観測で過去3営業日続いたドル売りが行き過ぎだったという見方が広がった。 ドルは主要欧州通貨と円に対して上昇したほか、カナダドルに対しては3カ月ぶり高値を付けた。カナダの小売売上高が予想外に弱い内容だったことに反応した。 市場では先週のドル売りの後、第2・四半期の米国内総生産(GDP)をはじめ週内発表の経済指標で追加利上げ予想が再浮上し、ドルの支援要因になり得るという見方が出ている。 ************外為アナリスト*****氏は「GDPがかなり強いとみられることから、一部の市場参加者は週内発表の指標に備えてポジションをとっているようだ」と話した。 先週バーナンキFRB議長が議会証言で米経済成長とインフレの鈍化見通しを示して以来、ドルは下落していた。同議長の発言で、8月の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ停止観測が高まっていた。  終盤の相場は、ユーロ/ドル EUR= が1.2625ドル。  ドル/円 JPY= は116.80円。ユーロ/円 EURJPY= は147.43円に小幅下落したが、先週付けた147.89円の過去最高値とあまり変わらない水準。 米ドル/カナダドル CAD= は1.1410カナダドル。一時は1.1458カナダドルまで上昇していた。 金利先物は、8月にFRBが利上げを実施しフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を5.50%にする確率を50%織り込んでいる。この確率は先週発表された6月の米消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことを受けて、ほぼ100%になっていた。 一部のトレーダーは、ドルの上昇が長くは続かないと予想している。**************の外為ディレクター、**********氏は「ドルは依然として上昇したところで売られる。ユーロ/ドルが1.2580─90ドルまで下がればユーロ買いが入るだろう」と話した。


テクニカル分析でトレードしていても、経済ニュースやコメントに左右されてトレードを行うケースって

よくありますよね?でも、どうでしょう?そうすると、上記内容のようにおおよその方向性は定まっても

コメントは人によって異なってきます。トレンドの向きの次にはその強弱感も人によって異なる・・・

すなわち「絶対そうなる!」と断定して相場を張るということはほぼ不可能に近いということです。


「美人投票」は、皆さんもよくよくご存知のはずでしょうが、

実際は、その時その時目に映る為替レートを前にして、

あなたはどれだけ沈着冷静にご自身の決めたルールの徹底をしながら、

シグナルへの迅速対応が出来てますでしょうか。しかも継続的にです。

相場と向き合っていく中でトレードによる損益に及ぼす要因を大きく2つに分けるとすると、

外的要因と内的要因

があると考えます。

皆がいうところの理屈や机上論を外的要因とし、それらを十二分に理解出来たとしても、

あなたのモノの考え方や投資スタンス・欲望など様々な内的要因によって


  同じ環境下(相場)でもかなり異なった結果となることに

  素直にそして明確にお気づきになってますでしょうか?


「ルールを守って下さい」という業者さんは多いです。でも、ルールを守れないのも人の欲。

「ルールを守れるようになる!」のとでは大違い!

そうです、「ルールが守れるようになるんです!」

続きを読む
スポンサーサイト


  1. 2007/01/26(金) 17:08:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oijpdofjodj.blog86.fc2.com/tb.php/16-000c8d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。